ICFの特徴をICIDHと比較しながら考えてみよう!

知りたいICF、教えてICF-CY 2

                 

今回のテーマ「ICFの特徴をICIDHと比較しながら考えてみよう! 」

さて、今回はICFの特徴について、従前のICIDH(国際障害分類)と比較しながら捉えて頂ければ幸いです。

まず、ICIDHの誕生とその後の改訂等について「ICF 国際生活機能分類―国際障害分類改定版」(2002)では、以下のように述べられています。
1970年代より、WHO(世界保健機関)において障害に関する分類法について検討が始まり、1980年に、ICD(国際疾病分類)の第9回修正に際して、補助分類として、機能障害と社会的不利に関する分類であるWHO国際障害分類(International Classification of Impairments, Disabilities and Handicaps;ICIDH)が発表されました。その後、1990年代より、ICIDHの改訂の検討が始まり、1997年3月に、それまでの数年間に取りまとめられていた提案を基に「ベータ案」が作成されました。この案は1974月の改定会議で提示され、会議の議論をまとめた後に、フィールドトライアルのためICIDH-2ベータ1案として発行されました。ベータ1案のフィールドトライアルは、1997年6月から1998年12月まで行われ、それによって取りまとめられたすべてのデータと、その他のフィールドバックに基づいて、ベータ2案が1999年の夏に発表されました。その後、ベータ2案に対しての様々な意見があり、必要な修正が加えられ、2001年5月、第54回WHO総会において、WHO国際障害分類(ICIDH)の改訂版として、国際生活機能分類(ICF)が採択されました。


図1 ICIDHの障害モデル


図2 ICFの構成要素間の相互作用モデル

次に、従前のICIDHモデル(図1)とICFモデル(図2)を比較しながらICFの特徴を整理していきます。この点について徳永(2005)は次のように述べています。
従前のICIDHモデルは障害を多面的、構造的に理解する視点を示したこと、それを基にした施策が展開されたこと等、大きな功績を残しました。一方で、ICIDHモデルは、その中に「環境的要素が含まれていないために個人の中で完結している」「構成要素間の関連が十分でない」等の様々な批判を受けながら、世界各地での改訂作業が進まれることになりました。このように「医学モデル」として批判されたICIDHモデルからの脱却を図った「社会モデル」「生活モデル」としてICFモデルは人間の生活機能の低下を環境も含めた広い視野でとらえようとしています。

具体的なICFの特徴は、従前のICIDHと比較するとつぎのようになります。
まず1点目は、用語の使い方です。ICIDHでは、機能不全、能力低下、社会的不利という否定的な印象を与える用語を用いているのに対し、ICFでは、それぞれに対応する言葉として、心身機能・身体構造、活動、参加という中立的な言葉を用いています。これらは、マイナス点ばかりに注目しない、中立的な立場から生活そのものについて考える視点に立ったものとなっています。

2点目は、新たな構成要素が加わったということです。ICIDHにはなかった「環境因子」と「個人因子」がICFには加わっています。これらによって、ある人の生活のしにくさの原因をその人の中にある従来の機能不全や能力低下だけに求めるのではなく、外的な環境や、障害に由来しないその人の特徴等との関連も視野に入れてとらえることができます。

3点目は、構成要素間をつなぐ矢印向きについてです。ICIDHモデルが病気から始まって、機能不全、能力低下、社会的不利までの一方通行的な因果関係になっているのに対し、ICFモデルでは双方向の矢印を用い、それぞれの構成要素が互いに影響し合って存在していることを表しています。

以上、ここまでを受けてあらためてICFの特徴としていえることは、マイナスとしての障害の現象だけを切りとって見てしまうICIDHモデルから、まず通常の人間の生活機能から見ていこうとする考え方のモデルが変化しているということです。しかし、ICIDHの考えがあったからこそ、ICFという新たな考え方に繋がる結果に結びついたと考えると、ICIDHが果たした役割は大きかったことは間違いないのではないでしょうか。

今回は、ICFの特徴について、従前のICIDHと比較しながら説明させて頂きました。皆さんのご理解の一助となれば幸いです。

引用文献
・障害者福祉研究会編集、世界保健機関(WHO):ICF 国際生活機能分類―国際障害分類改定版中央法規、2002.
・徳永亜希雄:「ICFと個別の教育支援計画、独立行政法人国立特殊教育総合研究所・WHO編著:「ICF(国際生活機能分類)活用の試み-障害のある子どもの支援を中心に-」、ジアース教育新社、2005.

コメントは受け付けていません。