特殊教育学会 自主シンポジウムの報告1

10月16日〜18日の三日間,大型の台風が日本列島を縦断しようとしている最中,名古屋国際会議場で日本特殊教育学会第55回大会が行われました。

その初日,ICF-CY Japan Networkのメンバーがかかわり,『ICFと合理的配慮と特別支援教育(5)』をテーマにした自主シンポジウムが行われました。

企画者・司会者:徳永亜希雄(横浜国立大学)
話題提供者:徳永亜希雄(横浜国立大学)
隈田原聡(宮崎県立児湯るぴなす支援学校)
西村修一(前・栃木県立岡本特別支援学校)
逵直美(東京都立光明学園)
堺裕(帝京大学)
指定討論者:齊藤博之(山形県立ゆきわり養護学校)

〔企画趣旨〕
ICF(国際生活機能分類)は,WHO国際分類ファミリーネットワーク内において,障害者の権利条約との関連でも議論されてきました。同条約のキーワードの一つが合理的配慮です。

 我が国の教育では,中央教育審議会初等中等教育分科会報告(2012)において,合理的配慮の定義や具体的な観点が例示され,また,障害の状態等に応じた合理的配慮を決定する上で,ICFを活用することが考えられると述べられました。しかし,その後,具体的な実践レベルでの検討が十分にされていないことを踏まえ,本テーマによるシンポジウムにて議論を重ねてきました。今回はその5回目となります。
 これまでの議論で確かめられてきたこととして,ICF活用については,まずその概念枠組みの活用は,子どもの実態を多面的・総合的に見ること,特に参加の視点から考えられることが特徴であり,そのことを踏まえて目標設定することに寄与できるものとされました。分類項目の活用については,見落としなく,多面的に状態を把握することに寄与できるものとされました。
 合理的配慮については,「スタートラインを揃えるための配慮」ということが共有され,合理的配慮の方向性としては,伸びゆく子どもの学びを奪わない,過保護にならない必要があり,これまでのものに加える配慮だけでなく,差し引く配慮もあり得ることが共有されました。
 その一方で,議論が尽くせず,引き続き検討が必要であることも明らかになりました。
本大会では,これまでの到達点と課題を踏まえ,それぞれの検討経過報告を軸に議論を展開することを趣旨としています。

〔話題提供〕
 徳永氏は,教育における合理的配慮において,合意形成に関わる研究があまりなされていないことやその具体的な手立てが見当たらないことを背景に,『一般的な「合意形成」論と合理的配慮』と題し,合理的配慮決定に向けた合意形成プロセスにおけるツール(試案)を提案しました。具体的には,負担と均衡のマトリクス図や必要度と優先度のマトリクス図として,学校の体制面や財政面をも勘案するためのものであることを述べた上で,今後,事例での検証を行い実用化に向けて検討していきたいという旨を述べました。

 隈田原氏は,『特別支援学校(知的障害)での取組事例』と題し,3つの事例について,それぞれの主訴とその対応を決めるまでの経過について紹介しました。あわせて徳永氏から,各事例をICF関連図で表したものが提示されました。課題として,通常行なっている指導や支援と合理的配慮はどう違うのか,また,個別の教育支援計画や個別の指導計画にどのように載せていけば良いのかということを述べました。

 西村氏は,『合理的配慮とLD児用ICFコアセットによる評価 -通常の教育における視座−』と題し,LD児への合理的配慮提供までのICFコアセットによる評価や個別の教育支援計画ならびに個別の指導計画への記載について話題提供をしました。西村氏は,これまでの研究や実践から,障害のある子どもが通常の教育に参加する際に,本人の状態像を多面的に捉えるためにはICFが有効であることを強調し,子どもの状況に合わせてコアセットを作成する意義について述べました。

 逵氏は,『障害のある人の検定試験における合理的配慮』と題し,日本語ワープロ検定を受検した事例について話題提供しました。検定試験を受けるにあたって生徒の実態に応じて考慮するべきことをICF関連図で整理しました。また,学校が行った合理的配慮や指導と検定協会が行った合理的配慮のことについて報告しICF関連図で全体像を把握しました。さらに,合理的配慮で合格した検定試験への反応についての言及があり,合理的配慮の提供を受けたことでその結果や評価において差をつけることは不当な差別になるという事例にふれながら,合理的配慮を考える上で,何が不当な差別的になるのか今後考えることが必要になると述べました。
 
 都合により欠席となった堺氏の話題提供については,徳永氏が代理報告をしました。『合理的配慮決定におけるICF-CY分類項目の活用』と題した報告では,合理的配慮決定に向けた合意形成プロセスにおいて参考となるICF-CY分類項目を明らかにするために,中教審報告で述べられている学校における合理的配慮の観点の内容とICF-CYとの適合性を検討してきたこと,その結果,障害の状態だけでなく,合理的配慮を提供する際の留意点などにも分類項目を活用できる可能性が示唆されたことを述べました。

指定討論とフロアからのご意見については、報告2に掲載させていただきます。

文責:ICF-CY JPN 齊藤博之